還暦の向こう側の住人

平塚、大磯を散歩しているオヤジのブログです

鳥撮日記 鳥撮れず紅葉に癒される@大磯城山公園

 今朝は今一歩踏み出す気力が湧きません。まあ、そんな日もありますし、そもそもが散歩と鳥撮の両方を楽しむ、一挙両得みたいなことを図々しく続けていられる訳もなく。12月ですから朝は寒いんです(笑)。と言う事で車で大磯城山公園に出かけます。たった5㎞の距離、10分程で到着。園内で目星をつけた場所で野鳥を探しますが、なかなかその姿を見つけられません。

 いつもは余り気に留めていなかった場所なのですが、赤く色づいたモミジと黄葉している木との間を沢山のヤマガラが飛び回っています。コゲラと思われる鳥のドラミングの音も聞こえてきます。木を突くその音の方向を見てもその姿は見られず。ヤマガラたちも忙しなく動き回るのでシャッターチャンスを逃してばかり。

 枝被りと思いましたが、何とか連写で数枚の写真を撮ることが出来ました。目の前を飛び交うヤマガラシジュウカラが居るにもかかわらず30分掛かっても数枚の写真しか撮れませんでした。

 「そんな日もあるさ」と釣果(鳥果)の少ない時の言い訳を自分にして(汗)、まだまだ見頃の紅葉を愛でながら、公園内を1時間ぶらぶら歩き、気持ちも整ったので撤収することと致しました(^^♪

鳥撮日記 樹上のチョウゲンボウは遠い!

 今朝はどこ行く?と言う事で馬入ふれあい公園へ行く事に。途中、相模川ではヒドリガモオオバンが泳いでおりました。

 よくよくヒドリガモの群れを見ていると、眼の上の方が緑色の個体がおりました。アメリカヒドリとの交雑種?なのでしょうか。

 ついでにメスのヒドリガモの写真も。

 ヒドリガモさん御一行とは別れを告げ、馬入ふれあい公園に到着。聞こえてくるのはヒヨドリハクセキレイの鳴き声ばかり。自転車で来ているので、園内を鳥を探しながらゆっくり進みますが鳥には出会えず。諦めて帰ろうかとも思いましたが、最後の1周と言う事で園内の北側を自転車で進みますと、私に驚いたようでハトくらいの大きさの鳥が飛んで行きます。お隣の工業団地の屋上に留まっているのはチョウゲンボウ

 しばらくすると、公園の方へ飛んで行きます。

 高い木の上なのでNIKON COOLPIX P950のズームは目いっぱいで撮影します。すると、またも別の木の上へ飛んで行きます。

 更に距離が遠くなり、また手前の枝にピントが合ってしまったりと撮影場所を探りながら何とか撮影。工場の屋上の写真が一番、鮮明でした(笑)。

 と言う事でチョウゲンボウを追い回す展開となった鳥見でしたが、これにて半径8㎞未満の鳥撮は終了そして撤収です。

鳥撮散歩 雑談に花が咲く@山下サイクリング橋

 散歩コースの初っ端は近所の小学校の横を通ります。校庭では半そで、短パンで走り回っている子供達!「子供は風の子」そんな言葉を思い出します。私と言えば、冬用のトレーニングウエアの上下を引っ張り出し、ジョギングしていた頃に冬用のウェアとして購入した長袖のコンプレッションインナーを着こんで自転車を漕いでおります。

 高麗山の見える金目川東側の遊歩道に自転車を停めてそこからはウォーキング。高麗大橋を西に渡り、西側の遊歩道に降りるところで小鳥の影が。

 カワラヒワシジュウカラが枯れ枝の間を飛び回っています。カワラヒワはすぐに見えなくなってしまいましたが、シジュウカラは2羽いてしばらくの間、目の前で動き回っています。

 とっても身近な野鳥のシジュウカラですが、可愛いし、綺麗な野鳥ですね。現れてくれると、ついつい夢中になって写真を撮ってしまいます(笑)。

 さて、山下サイクリング橋に到着すると久しぶりにNさんがいらっしゃいました。さっきまで鹿がいたそうで、写真を見せて頂きました。Nさんはじめ、この場所やもう少し上流で鹿を見られている方がらっしゃるのですが、私は残念ながら見ることが出来ていません。また、Nさん、昨日、釣り糸が足に絡んでしまったハトを見つけたそうです。今朝はハサミ持参でハトの足に絡みついた釣り糸を取ってあげようと来られたのですが、珍しくハトの姿は見られず、いるのはカルガモばかり。Nさんとは昨日撮影したメジロの写真の話や、日曜日の湘南国際マラソンで私が応援に行った動画の話など色々と雑談をさせていただきました。

 Nさんとの雑談を終え、堤の南端に行くと、柴犬を散歩中の男性の方と眼下の小魚の大きな群れをきっかけに雑談をする事となりました。

 「ハゼの群れですよね?」と私が伺いますと、「あれは、ボラの子供ですよ」とその方が教えてくださいます。「ボラって海にいるんじゃないですか?」と伺いますと、「河口が近いので、ここまで来るんですよね」そこからは、キレンジャクを見られたことがあるとか、11月上旬のアカガシラサギの騒ぎの話などさせていただきました。

 仕事を辞めて1年5カ月、鳥見で顔なじみの方も増えてはいますが、オフラインで話をする機会は意外に少ないので、今朝は楽しいひと時を過ごせました。

 最後はボラの群れのそばにいた、若い個体と思われるハクセキレイの写真を撮って撤収いたしました(^^♪

鳥撮日記 イソヒヨドリに始まりメジロで終わる

 朝には雨も上がりましたが、10度を切る気温。平塚海岸の遊歩道からみる海も冷え冷えとしています。今朝は散歩をしなければと言う気分なので鴫立川までのウォーキングです。自宅を出ると、なんとお隣の門の上にイソヒヨドリのメスが。ハクセキレイと共に住宅街までやってきます。

 大磯港、照ヶ崎海岸を望む展望台から岩礁の上に何か鳥は来ていないかと見まわしますが、ウミウが泳いだりもぐったり。

 展望台を横切る鳥の姿。忍び足で近づくと、またもイソヒヨドリのメスが。

 自宅の周辺などよりも遥かに大磯港周辺ではイソヒヨドリのメスはよく見かけます。相変わらずその姿は、置物のようです(笑)。

 さあ、後少し足を伸ばして鴫立川へ。

 ブルーの体を輝かせながらカワセミ登場!鴫立川でカワセミに会うのは2度目です。縄張りにしているんでしょうか。川にダイブしていますが枝被りで採餌の姿は捉えられません。寒い朝なのに、野鳥と出会えるとテンション上がります!(^^)!

 今朝は血液検査の結果を聞きに掛かりつけの病院に行かなければならないので、帰路に着きます。花水川橋手前で、ピーピーなくヒヨドリの鳴き声の中にチーチーとメジロの鳴き声が。

 久しぶりにしっかりメジロを見ることが出来ました!

 これからは、人前に出てその愛らしい姿を見せてくれることかと思います!

 血液検査の結果はコレステロールの値は正常値に改善され、薬の服用は免れました(汗)。しかし、尿酸値が7.2㎎/dLと若干高くなっておりました。もう少し運動量を増やしプリン体の摂取を控えないといけないですね。(それって、酒を減らせ~!!ってことですかね😢)

鳥撮散歩 昨日の場所にタヒバリがやって来た

 今日は3年ぶりの湘南国際マラソンです。134号線を経て鳥見に行くのは応援する人たちが大勢いてまずかろう、と言う事で昨日に引き続き金目川の遊歩道を行く事に。

 マラソン日和、快晴です。富士山も冬の富士山と言う様相を呈していますね。

 ハクセキレイセグロセキレイがいるところ、野鳥が集まる!勝手な経験則なのですが(笑)、昨日イソシギを見た金目川東側の遊歩道、平塚大橋南側にはセグロセキレイ

 今朝も元気に数羽のセグロセキレイが川の中州を飛び交っています。目を凝らすとその傍にタヒバリと思しき鳥が。

 2羽のタヒバリが餌を啄みながら歩いております。そして、その後ろには昨日と同じくイソシギ

 今朝の金目川は賑わいを感じます。すると対岸に小鳥の群れが飛び降りてきます!対岸までの距離は30mあるいは40mはあるでしょうか。NIKON COOLPIX P950のズームに頑張ってもらってもこんな感じでしたがカワラヒワの写真を撮ることが出来ました。

 その後、山下サイクリング橋へ行きましたがここでは空振り。ですが、金目川で十分鳥撮が出来ましたので満足なお散歩でした(^^)/

鳥撮散歩 金目川にイソシギが戻って来たようです

 12月の風は冷たい。鳥見に行くトレーニングウェアも冬バージョンに変更です。先ずはいつものように東側の遊歩道、高麗大橋手前で自転車を停めます。高麗大橋から西側の遊歩道に切り替えます。

 山下サイクリング橋、カワセミが川面の数十㎝ほど上の枝に留まりじーっとしています。

 チュウサギと思われる鳥が上空を飛んで行きます。カワセミの採餌行動を待ちましたが、なかなか動きませんので移動する事に。北上し平塚大橋へ。橋から川の上流を見ると木の上に黒い鳥が。

 カラス?と思いましたがカワウの群れが木の枝に留まっています。

 頭を白く婚姻色に染めているカワウ、そうでないカワウ等など、寒いのでじっとしているのでしょうか?あるいはお腹が空くまで樹上で待機しているのでしょうか?

 と言う事で、平塚大橋を東側へ渡り、東側の遊歩道を南下いたします。

 しばらく歩くとお尻をヘコヘコ動かしながら時折見える白いお腹。イソシギが1羽、はっきりと確認出来ました。

 10月下旬にも一度見かけたのですが、ようやくイソシギをはじめタシギやコチドリなどが見られるシーズンの到来ではないでしょうか。

 イソシギのそばにはセグロセキレイが2羽、お互いの縄張りを主張しているのか、軽くバトルをしたり遠ざかったりを繰り返しています。このエリアはハクセキレイよりもセグロセキレイの方が多いような気もします。そんな様子を見ているとこんなところへカワセミが飛んできました。

 かなり距離があり、証拠写真程度にしかなりませんが、取りあえず撮影。

 最後はアオサギのドアップの写真を撮って鳥撮は終了(笑)。

 毎度の事ですが、なかなか野鳥に会えない!焦りもしますが最後は何とか数種類の野鳥に会えて鳥撮散歩の帳尻を合わせることが出来ました。